生ける廃墟モールの現状と場所。

おはようございますTacです><

最近ネットでこんな記事が話題に。。。。


スポンサードリンク

生ける廃墟

以下ねとらぼ参照

テナントはたまねぎの無人販売所のみ、そんな岐阜県本巣市にあるショッピングセンター「LCワールド本巣」本館1階の様子がTwitterで話題に。Twitterユーザーの「よごれん(@yogoren)」さんはその様子を「生ける廃墟っぷりがすごい」とツイートしています。


LCワールド本巣 廃墟 たまねぎ入り口はこんな感じ

LCワールド本巣 廃墟 たまねぎがらんとした店内

LCワールド本巣 廃墟 たまねぎ玉ねぎだけが売っています(横にはカプセルトイの販売機もあるようです)


現在もLCワールド本巣の別館では複数の店舗が運営しているものの、本館には地元スーパー「トミダヤ」の1テナントのみ。数年前は、およそ6000坪ある本館の売り場面積に100店近くのテナントが集まっていました。かつては活気があふれるショッピングセンターでしたが、周辺にイオンなどの大型商業施設ができたことも影響し、徐々にテナントが減っていったようです。


LCワールド本巣 廃墟 たまねぎ「イオンモール大垣」は車で約30分の距離に

LCワールド本巣 廃墟 たまねぎ同じ本巣市にあるショッピングセンター「モレラ岐阜」は車で約15分ほどの距離にあります

Twitterでも大型商業施設の影響が指摘されています
たまねぎは一玉100円で売られていますが、よごれんさんがLCワールドを訪れた時に無人販売所に備え付けられた透明の「お会計箱」にはお金が入っていませんでした。よごれんさんは「そもそも開いてる入口は1カ所のみで、駐車場に車は1台もおらず、誰も営業しているとは思わない」とその時の気持ちを語っています。

「トミダヤ」の担当者は撤退しない理由について「契約が残っているため撤退できない」と説明しており、契約期間終了後撤退するかどうか等については、現在もLCワールド本巣と協議中とのこと。また、たまねぎを販売する理由については「無人でも品質管理がしやすいため」と説明しています。

LCワールド本巣と同じく、“活気を失ったショッピングモール”として2014年に話題となった滋賀県のショッピングモール「ピエリ守山」は、ネットで話題となった事で知名度が上昇する等の影響もありました。このLCワールドも、今回話題となったことでなんらかの好影響が出るのかもしれません。
以上参照 ねとらぼ

筆者の思い

実は自分の地元の方なんです><

子供の頃は良く利用していました。

残念です。

実は近くにリバーサイドモールってのもあります。

%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%ab
こちらも昔は活気があってゲームセンターだの温泉だのショッピングだけでなく総合モールだったのですが今は廃墟です。

悲しい。

今回のネットの反応で役所(地域活性課とかあるでしょ多分)もなんか対応してほしいですよね。

いろいろな地域でこうゆうところが増えているように感じます。

お金持っている人、政治力のある人(役所含む)なんとかしてください!!(嘆願)


スポンサードリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツだよ
facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする