税金って何種類あるの?いくら払う必要があるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはTac(๑•̀ㅁ•́ฅ✧です

私は最近税金の支払いを忘れていて、てんやわんやしています。(;´Д`)

みなさんは、こんなことにならないようちゃんと収めてください。

一般企業に務めている人は大丈夫か(笑)

前回は確定申告(所得税ですね)に書きましたが、

今回はそんな税金がどれくらいあっていくら払う必要が出てくるのか?


スポンサードリンク


簡単に整理してみたので書いてみたいと思います。



けれど税金っていうのはなんか、自分が社会人になった時もですけど当たり前でしょみたいな感じで、、、

正直知らないよ?なにそれ?

って私自身感じてました。

大きく分けるとこにが定めている税金として

1)所得課税

2)固定資産課税

3)消費課税

の3つに分けられます。
分類国税地方税
所得課税所得税

法人税

地方法人特別税

復興特別所得税

地方法人税
住民税

事業税
固定資産課税相続税・贈与税

登録免許税

印紙税

 
不動産取得税

固定資産税

事業所税

都市計画税

水利地益税

共同施設税

宅地開発税

特別土地保有税

法定外普通税

法定外目的税

国民健康保険税

 
消費課税消費税

酒税

たばこ税

たばこ特別税

揮発油税

地方揮発油税

石油ガス税

自動車重量税

航空機燃料税

石油石炭税

電源開発促進税

関税

とん税

特別とん税
地方消費税

地方たばこ税

ゴルフ場利用税

自動車取得税

軽油引取税

自動車税

軽自動車税

鉱区税

狩猟税

鉱産税

入湯税
今回は一般的な個人が関わる税金について説明をします。
上の表で、赤字が個人で一般的に支払いを行う税金です。
ちなみに青字が個人が必要に応じて支払いを行う税金です。


この記事では、赤字の税金について記載します。

所得税及び復興特別所得税は確定申告の記事でも少し触れたのでそれ以外の住民税、国民健康保健税について記載します。



以前書いた記事↓

http://wp.me/p7PAVl-1o



①住民税とは

市町村民税と都道府県民税に分けられます。

所得税は「日本で働きましたよね働いて得た分から国のために税金納めてください」というもの。

住民税は「ここ(都道府県及び市町村)に住んでいますよねここ(都道府県及び市町村)のために税金を納めてください」というもの

なので、所得税は国税 住民税は地方税と呼ばれます。

②国民健康保険税とは

病院に行った際に、医療費が3割負担で済むよというもの。

3割負担で済むようにするために払う税金ですね。

※普通の企業に勤めている方なら社会保険というのに入っているのでそちらで対応できる(払っている)ので国民健康保険税は払ってないですね。



ちなみに、社会保険は健康保険、介護保険、厚生年金をまとめてよんでいるものですね。

社会保険に加入していない人=国民健康保険税を払っている人 は、国民年金を支払っているのが普通ですね。



また、国民年金とかについて記載しますね(^^)

スポンサーリンク


関連コンテンツだよ